CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

virtues of life

<< アメリカは日本とさかさまでございます。偉い人が賢うございます。 | main | ガラナ >>
per capita
0
    gdp percapita ppp
     中国は人口も多く、GDPで日本が抜かれたとしてもやむを得ないという考えは妥当だと思います。しかし、国民一人ひとりの豊かさを示す一人当たりGDPでは、2007年にシンガポールに抜かれています。さらに、購買力平価(PPP)をベースに考えると、実は香港や台湾にも抜かれ、韓国にも追いつかれようとしています。
     購買力平価というとあまりピンとこないかもしれませんが、物価水準を考慮したGDPと考えるといいかもしれません。香港や台湾、韓国は物価が安いためPPPベースではGDPが大きく見えます。多くの国民にとっては、GDPやらPPPやらではなく、生活水準が大切な訳で、per capita GDP(PPP)を目安に経済政策を立てたらどうかと思います。あまりこういうデータは悲観的かつ分かりにくいという意味で公表されていませんが、米国経済も落ち込み、目安を失った感もあります。このような指標を参考に国のかじ取りをしてみてはどうでしょうか。
    | その他外国語 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.4-de.net/trackback/1584064