CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

virtues of life

<< ずっと弱い相手と戦っていると、マックスの能力水準は徐々に低下してきます | main | 表現の自由 >>
コンサルティングの核心はプロブレムソルビング×リーダーシップ
0

    自立性の高い組織を効率よく運用していくためには、とにかく人を信用できなかったら先に進まない。いちいちあいつの言うことはどうこうと、腹には別のシナリオがあるということを考えていたら、自立性の高い組織はできない。ものすごく経営環境の変化が激しい中で、どんどん動いていくようフラットな組織には信用度が絶対に必要。

     当たり前ですが、「自立性」の高い組織は「自立した人たち」によって構成される必要があります。自立した組織の経営者はもっとも自立している必要があるだけでなく、メンバーが自立しているという前提で運営する必要がありますね。

    コンサルタントは自分だけでいくら考えていても煮詰まるから、そのときにいろんな経験をしている人間とブレーンストーミングしたりできると、いいわけですよ。だから、同僚そのものが会社の一つの価値になる。序列と関係なくいつでも話せるオープンな仕組みや雰囲気みたいなものというのはかけがえがない。


    この本を読んでいたら、以前書いたこちらのエントリーを思い出しました。
    | 名言 | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.4-de.net/trackback/1584050