CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

virtues of life

<< 5秒でわかる、世界で最も正確な性格テスト | main | iRobot >>
子は、親の背中を見て育つ。子どもは親のイイナリにはならない、親のしたようにする。
0
     子は、親の背中を見て育つ。ということを真面目に研究していたようですね。朝日新聞の記事によると、成績上位と下位で、親の習慣を比べると、子どもに絵本の読み聞かせをしたかどうかが大きな差となっているようです。きっと、誰でも薄々感じていることだと思いますが、親のしているようにしか子供は育ちません。そこで気になるのが、二つの点です。
  • 記事の最後のくだり
     この記事では無関心と関心の間の度合いを語っているのに、無関心でないからと言って是としているのはどうなのだろう。本を読むか、雑誌を読むかというちょっとした差が大きな違いを生んでいる。完全に無関心でないから良いというのはかなり無茶な議論ではないか。

    「しかし、成績下位の子の親が子どもの学習に無関心というわけではない。「ほとんど毎日、子どもに『勉強しなさい』という」という答えは56.9%と、最上位層より5.7ポイント高かった。調査チームは、子どもの成績が思わしくないために小言を言いがちになるのでは、とみている。」


  • 背中を見て育つのは親子だけか
     親子なら接する時間は長いし、まだ何も真っ白な状態から習慣がうつる。しかし環境という点で見ればそれ以外の環境もその通りなのではないだろうか。上司と部下、先輩と後輩、そんな関係を改めて見直してみたい。
  • | 名言 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.4-de.net/trackback/1284226