CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

virtues of life

<< 年季もの | main | 内向きでいいのか。 >>
原監督が成功を納めるであろう3つの理由
0
     WBC に注目しています。今年も超一流メンバーを揃え万全なのではないでしょうか。鬼門は韓国ナショナルチームとなると思います。国対抗の試合をやると力の発揮が違いますから。日本の監督は原辰則が選ばれ、彼が勝敗を行方を握っているかのような報道が多いと思うのですが、それは監督に期待し過ぎではないかと思っています。高校球児ならいざ知らず、出来上がったトップアスリートの短期決戦における監督としては、監督にできることは選手を選ぶことと、選手の邪魔しないことだと思っています。

      実績よりも状態を重視したメンバー選出
    名誉選手みたいなのがチームに居ると戦力ダウンはするし、周りの選手やコーチはやりにくい。内海の選出が一番の疑問符。和田>内海なのは明らかなのに巨人から選ぶとは。経験を積ませたいとのことだが、ベンチで積ませて済むならそれでも構わないが、大事な場面で使えば名将としての、そして日本の地位は揺るぎかねない。コールドもあって、敗戦処理は想定外である以上、登板機会がないことを願う。第二の岩瀬を作ることになるからだ。
      多くを語らない
    連日マスコミに囲まれているにもかかわらず、余り多くを語らない。前の監督は舞い上がっていたのか、後から聞くと言い訳とも取れる発言を結構している。結果指向が伺える。
      戦術家ではない
    短期決戦では戦術が一見重要だが、選手は多くが百戦練磨。原監督よりも豊富な実戦経験がある。下手な戦術を披露して選手に混乱させるより、オーダーを決めて後は見守れば良いのでは。

     王さんは現役時代に名声を極め、それが奇をてらわない采配につながっていると思うのですが、原監督も近いものがあるのではないでしょうか。チャンスに余り強くないため非難されたけれど4番に座り続け、目立つより勝ちたい気持ちが強いのではないかと思います。変なエゴが邪魔しない監督であり続ければきっと優勝するでしょう。
    | 数字 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.4-de.net/trackback/1189406